EVENT >> Article details

2020/09/28

【学会員からのお知らせ】コロナ禍の時代だからこその ”プライマリ・ヘ

Tweet ThisSend to Facebook | by jaih
学会員 松山章子先生からのお知らせです。

尚、本件詳細につきましては、直接主催団体にお問い合わせ下さい。日本国際保健医療学会は、お申し込み、問い合わせの取り次ぎを致しません。

【イベントお知らせ】
コロナ禍の時代だからこその ”プライマリ・ヘルス・ケアとSDGs ”ー福島、山谷、海外の現場に即して考える
………………………………………………………………………………………………
2020年10月3日(土)シェア代表理事 本田徹によるオンラインイベントを開催いたします。

今回のスピーカーである本田徹は、シェア=国際保健協力市民の会設立当初からのメンバーで、現在は代表理事として37年に渡りシェアの活動に携わっています。
福島県双葉郡広野町の高野病院で医師として勤務、また東京の山谷地域において医療ボランティアとして参加しています。
現在、日本、世界ではコロナ禍で社会の格差がさらに拡がり、気候変動により災害に見舞われた国や地域が増えています。いまだに基本的な保健医療サービスが受けられない人たちが、取り残されている現実があります。SDGsで目指している誰一人取り残さない社会の実現には、まだ近づけていません。
震災から10年を迎えた福島や、超高齢化・貧困の問題を抱える東京の山谷地区での医療活動、そしてシェア=国際保健協力市民の会の「いのちを守る人」を育てる保健活動。
このような本田の経験を通して、コロナ禍時代だからこそ必要とされるプライマリ・ヘルス・ケアとSDGsがもつ意味についてお話をいたします。
今日の日本そして世界の現状を知り、誰一人取り残さない世界の実現のために、市民社会に生きる一員として、私たちがどのように関わっていくべきなのかを一緒に考えてみましょう。
イベント終了後に交流タイムを設けています。ぜひご参加ください。

◆ テーマ:「コロナ禍の時代だからこその”プライマリ・ヘルス・ケアとSDGs” - 福島、山谷、海外の現場に即して考える」
◆ 日 時:2020年10月3日(土)14:00-15:30(13:50よりZoom入室可)
◆ 場 所:オンライン Zoomを使用 (お申込者に限り、イベント終了後Youtubeから期間限定で動画もご覧いただけます)
◆ 参加費:1,000円(配布資料はPDFでお渡しいたします)
◆ 定 員:80名 (先着順)
◆ スピーカー:本田 徹(シェア=国際保健協力市民の会 共同代表理事/医師)
◆ 申 込:https://peatix.com/event/1629012/view

https://share.or.jp/share/join/event/2020091003_phc_sdgs.html

シェアの新型コロナウイルス関連の活動は以下をご覧ください。
https://share.or.jp/health/act/covid-19_1/covid-19.html
- ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(特活)シェア=国際保健協力市民の会(SHARE)
 理事、ファンドレイジング担当 山口誠史 

 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F
 TEL:03-5807-7581 FAX:03-3837-2151
 URL: http://share.or.jp
 twitter: @NGO_SHARE facebook.com/share.or.jp ★シェアは寄付金控除となる認定NPO法人です★

00:53
PAGE TOP